Windows10へのアップグレードが今でもできるかどうか検証

先日(8/3)に書いたとおり、無償アップデートが終了したはずのWin10ですが、今でもアップデートする方法が残っているということで、検証してみました。
今回は記事に書いた手順ではなく、アップグレードディスクを使ったアップデートを行いました。
テストしたマシンは、HP製ノートPC「ProBook4545s」です。WIndows7Professional(64bit)が入っています。このマシンに、MS社のサイトからアップグレードディスクを作成するツールをダウンロードし、メディアを作成しました。
完成したメディアをドライブにセットすると、自動的にアップデートが始まりました。

待つこと小一時間・・・

作業完了しました。
さっそくコントロールパネルのシステムでライセンス認証状態を確認すると「ライセンス認証されています」との記載が。

あら。あっさりアップグレードできてしまいました。
障がい者向けプログラムを利用せずとも、アップグレードディスクを使えば今なら(2016.8.30 16:30現在)まだWin10にできるようです。

確かに、障がい者向けプログラムと言っても、利用者が健常者かどうかはかることもできませんので、MS社としてはアップデートできる状態を残しておくほかなかったのだと思います。
ともあれ、もし今からでもアップデートされたいという方は、この手順をお試しください。

(I)

Follow me!

投稿者プロフィール

石谷 智
石谷 智営業部長
パソコン絡みの案件が専門です。迅速な対応を心がけています。

主な担当:パソコンの障害対応、セットアップ、操作指導、サイト構築、画像加工、フォトムービー製作などなど
入社:1990年5月
趣味:ボウリング、映画鑑賞

【PR】地域防犯カメラ設置

昨今、地域に起こる様々な犯罪や事故を防ぐ目的で、公園や学校周辺に防犯カメラを設置するケースが増えてきております。名古屋市の場合、導入費用の2/3を補助する制度を利用して安価に導入していただく事も可能です。