Windows10の最新版が提供開始か

 半年ごとに行われているWindows10のアップデートですが、今月予定されていた2020年後半の更新は、予定通り10/14に公開され日本でも今週あたりからWindowsUpdateによる提供が確認され始めたようです。
バージョン名は「Windows 10 October 2020 Update(20H2)」となりました。通常なら2010と言うところですが、年号やオフィスの製品名と紛らわしいためか、今後は開発時の番号がそのまま適用されるようです。西暦の下2桁+前期ならH1、後期ならH2がつくものです。よって、今回のアップデートは「20H2」と呼ばれます。

 毎回申し上げておりますが、万が一の際にご自分で元に戻せる、または対処できる自信がある方だけアップデートして下さい。決して無理をなさらないで下さい。

Windows10のサポート期間は各バージョン1年半あります。2009が適用されていれば20H2の適用は来年の今頃でも十分です。
今回の20H2では、残念ながら2004での不具合が解消し切れていないようです。とくに当社にも多く問い合わせが入ったIME(日本語入力)の動作不具合についても20H2では解消していないようです。2004の時と同じく、旧バージョンIMEを使う設定で回避して下さい。

★回避手順

『設定』

『設定の検索』に「日本語 IME の設定」と入力して『日本語 IME の設定』を開く

『全般』

一番下の『以前のバージョンの Microsoft IME を使う』をオンに変更する

他にも、一部のサウンドドライバーの適用においてブルーバックに陥る不具合もあるようですし、最近のアップデートは中々安定しないですね。ネットバンキングなどでは「2009までのアップデートでやめて下さい」と通達も出ているそうです。

(I)

Follow me!

投稿者プロフィール

石谷 智
石谷 智営業部長
パソコン絡みの案件が専門です。迅速な対応を心がけています。

主な担当:パソコンの障害対応、セットアップ、操作指導、サイト構築、画像加工、フォトムービー製作などなど
入社:1990年5月
趣味:ボウリング、映画鑑賞

【PR】iPad-PC リモートシステム

当システムは、出先で社内PCのファイルを確認したい時や、販売管理システムを使って価格を調べたいときなどに大変重宝する、iPadを使ったPCリモートシステムです。