Windows10の最新版が提供開始か

 半年ごとに行われているWindows10のアップデートですが、今月予定されていた2020年後半の更新は、予定通り10/14に公開され日本でも今週あたりからWindowsUpdateによる提供が確認され始めたようです。
バージョン名は「Windows 10 October 2020 Update(20H2)」となりました。通常なら2010と言うところですが、年号やオフィスの製品名と紛らわしいためか、今後は開発時の番号がそのまま適用されるようです。西暦の下2桁+前期ならH1、後期ならH2がつくものです。よって、今回のアップデートは「20H2」と呼ばれます。

 毎回申し上げておりますが、万が一の際にご自分で元に戻せる、または対処できる自信がある方だけアップデートして下さい。決して無理をなさらないで下さい。

Windows10のサポート期間は各バージョン1年半あります。2009が適用されていれば20H2の適用は来年の今頃でも十分です。
今回の20H2では、残念ながら2004での不具合が解消し切れていないようです。とくに当社にも多く問い合わせが入ったIME(日本語入力)の動作不具合についても20H2では解消していないようです。2004の時と同じく、旧バージョンIMEを使う設定で回避して下さい。

★回避手順

『設定』

『設定の検索』に「日本語 IME の設定」と入力して『日本語 IME の設定』を開く

『全般』

一番下の『以前のバージョンの Microsoft IME を使う』をオンに変更する

他にも、一部のサウンドドライバーの適用においてブルーバックに陥る不具合もあるようですし、最近のアップデートは中々安定しないですね。ネットバンキングなどでは「2009までのアップデートでやめて下さい」と通達も出ているそうです。

(I)

Follow me!

投稿者プロフィール

石谷 智
石谷 智営業部長
パソコン絡みの案件が専門です。迅速な対応を心がけています。

主な担当:パソコンの障害対応、セットアップ、操作指導、サイト構築、画像加工、フォトムービー製作などなど
入社:1990年5月
趣味:ボウリング、映画鑑賞

【PR】地域防犯カメラ設置

昨今、地域に起こる様々な犯罪や事故を防ぐ目的で、公園や学校周辺に防犯カメラを設置するケースが増えてきております。名古屋市の場合、導入費用の2/3を補助する制度を利用して安価に導入していただく事も可能です。